インソールは、歩いている時にフィットしてることが大切

「やっぱり痛くなる」それはインソールのせいじゃない

「靴のサイズは合っているけど痛くて履けない」

そんな時は、インソールで調整をします。
最近は、さらに快適に歩けるように、インソールをオーダーメイドされる方も増えてきました。

ですが……
ご自分の足に合わせたはずなのに、かかとが擦れて靴ずれを起こしたり、やっぱり小指があたって痛くなるというお話しをお聞きします。

これは、インソールが合っていないのではなく、あなたの足が合っていないのかもしれません。

立っている時と歩いている時では、体重の乗せ方や足の動きが違うので、こういった事が起こるのです。

歩いている時、足はインソールに正しく乗っていますか?


左:足を乗せた時の状態
右:実際に歩いてついた足指の跡

インソールに足が乗っている位置と、
インソールの足の跡の場所が違うのが確認できますね。

この足指の跡から、歩行時はかなり前滑りになっていることがわかります。

インソールは合っているけれど、歩いている時の指は違うところにある……という事です。

靴ひもをゆるく結んでいる事が原因

どんなに良い靴も、どんなに良いインソールも、靴の中で足が動かないようにしっかり紐を結ぶことがとても大切です。

写真で図示したポイントをしっかり締めることで、足は靴の中で余計な動きをしなくなります。

靴ずれも、足が当たったり離れたりすることで起こりますから、動かないようにすると改善されます。

どんなに良いインソールを入れても、足が動いてしまったら、それは快適に歩くためのインソールにはなりません。

ヒールロックで体の軸を作る

①正しいサイズとワイズ(幅)の靴を履き
②靴の中で足が動かないようにして
③足指をちゃんと使う

ヒールロックをすると

「足に吸い付くよう!」
「ぴったりフィットして、気持ちがいい」
「自然と足の傾きが矯正される!」

と驚かれます。

しっかり固定して歩くと、体重もしっかり乗るので軸が安定します。

すると、かかとから爪先まで足全体を使うことができ、ふくらはぎを使った歩き方ができます。
これが、むくみ解消に繋がるのです。

せっかくインソールをオーダーするなら、紐は履くたびにしっかりと結んで歩きながら体を整えてくださいね。

サロンではスニーカーも各サイズ揃えています

お手頃なスニーカーも、サイズや履き方や歩き方次第で、疲れるスニーカーにもなればむくみが取れるスニーカーにもなります。

身近なスニーカーから足ストレスを改善するのも良いですね。

豊後由美公式メールマガジン

Pittarikutuの最新情報やシューズなどの情報をお知らせしています。
また、相談会の開催やコースの募集開始の案内を希望される方は、無料メールマガジンにて先行してお知らせしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。