パンプスを履きこなせる足づくり

パンプスを履いても痛くない足は、きっと、何を履いても大丈夫

パンプスを履いても痛くない足は、
長時間歩いても痛くなることも、むくんで靴がきつくなることもありません。

パンプスは、靴をストレスなく履けるように、歩くほど身体が楽になるための「道具」の一つ

私が行っているのは、“ヒールパンプスの履き方指導”ではありません。
足の筋肉や骨格を整えてパンプスが履ける足=健康的な足づくりです。

「もう、パンプスは履きません。」

「スニーカーが好きなんです。」

「痛くならない靴なら、何でもいいです。」

「必要なのはパンプスじゃない」という方にも、パンプスが履ける足になっていただきます。
なぜなら、パンプスを痛みがなく履ける足というのは、ほとんどの靴が履けるようになるからです。

靴を履いているとむくみが解消する
指があたってるのに痛くない

実際に、パンプスを履くことがなくても、履ける足を目指します
足で靴を選ぶのではなく、「これを履こう」という靴を履きたいですよね。

足のむくみは、靴を履いて解消

むくんだ足がご自分の正しいサイズだと思われてる方が多く、足の状態や骨格を計測すると、ほとんどの方が、ぴったりだと思っていた靴が大きかったことに驚かれます。

足が大きいのではなく、むくんで大きいだけなのがわかります。

歩けば歩くほど痛くなる

痛くなる原因の一つに「むくみ」があります。

どんな靴でも、筋肉を使って歩いていればむくみません。
ですが、ほとんどの方が正しく筋肉を使えていないため、長時間歩くことで痛みが増しているのです。

本当に合う靴というのは、足に吸い付くようなフィット感があり、歩いているとむくみがスルスル無くなっていくのがわかります。

「靴の中に安定感があり、指が痛くないので、どこまででも歩けそう!」

数分履くだけでも、背筋がスッと伸びて胸が広がり、体全体がとても楽になります。

筋肉を使って緩める、疲れない・痛くない歩き方

正しいサイズの靴を履いたら、次は正しい履き方で足の指をしっかり使い、循環させましょう。

足の指はしっかり使えていますか?
足裏や甲、足首は柔らかいですか?

大きい靴を履いて前滑りしてしまう足の指は、圧迫されて痛くなり、指の筋肉を使うことは難しくなります。
外反母趾も、同じようなことで痛くなります。

痛みをかばい、違う筋肉を使うのは悪循環。
疲れたり痛くなる原因になるのはもちろん、当然、足全体のむくみも出てきます。

スニーカーでむくみをとって、パンプスで筋肉を使う

まず、ヒールロックをしたスニーカーで歩いて足のむくみをとります。
そして、パンプスを履いて、正しい歩き方で筋肉を意識する

少しきついかな?と思うサイズでも、どんどん緩くなっていきます。

正しいサイズと正しい歩き方は、骨盤底筋や体全体の骨格が整います。
また、足の指を使うことで循環が良くなり、足先から温かくなってきます。

これを一定期間行っていくので、しっかり身につき、ちょっとしたお出かけでも無意識に使えるようになります。
日常の中で、筋肉を正しく使いながら、これまで痛みを起こしていた癖を治せるので、お時間のない方にもお勧めです。

「今まではスニーカーもパンプスも、親指が痛くて長距離は歩けませんでした。今では、何時間でもどこまでも快適に歩けるようになりました」

10年以上痛くならない靴を探していた方も「足を変えて」TPOで靴を選べるようになりました

全130足の中から「ぴったりサイズ」を探します

スニーカー
パンプス
ブーツ
ローファー

靴のタイプによってもサイズは異なりますので、それぞれ合ったサイズを見つけていただきます

スニーカーからパンプスまで、どれを履いても、どのメーカーのものでも、親指が痛くなる。
そんな方は、少し見方を変えて、土台となる足の筋肉をしっかり整えてみませんか?

まずは「美を創る足元改善コース」から…

豊後由美公式メールマガジン

Pittarikutuの最新情報やシューズなどの情報をお知らせしています。
また、相談会の開催やコースの募集開始の案内を希望される方は、無料メールマガジンにて先行してお知らせしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。