外反母趾の治し方

外反母趾のためのメソッド

外反母趾の治療には、そのままの状態での治療と手術による治療があります。
多くは、痛みが軽くなるような治療を選択されます。

器具や足のアーチを守るためのインソールなどが用いられます。
日常生活では、足のアーチを正常にするための運動も外反母趾の痛みを緩和するのに効果的と言われます。

外反母趾は、腫れたようにふくれた親指の関節が靴にあたるから痛いのですが、これは骨が大きいのではありません。
骨に付着した筋肉組織の問題であるケースもあり、むくみやタコのために大きく見えていることが多々あります。

足の指を柔らかくすること、これもとても大切です。

どんな靴も結局はあたって痛い

外反母趾のそんな負担を減らすことができるメソッドをお伝えしています。

靴をオーダーするのがベスト?

外反母趾の痛みはありません。でも、骨が出っ張ってるので、どんな靴もその骨があたります。そこで、オーダーをしました。途中、サイズ確認のための仮靴まで作りましたので出来上がりが楽しみでした。ところが、出来上がって履いて外出したら、途中で捨ててきたくなるほど痛くなりました。どうしてでしょうか?

お話を詳しく伺うと、擦れてしまうポイントがいくつかありました。

・靴と足の両サイドにすき間がある
・かかとにすき間がある
・人差し指の爪が黒ずんでいる

パンプスは、特に足を支える部分がとても少ないので、すき間なくぴったりしたものでないと足が前に滑り痛くなります。

また、合わない靴を履いていると必ず足はむくみます。

だから、むくみを解消しておく必要があるんです。

親指の付け根をストレスフリーに

特に外反母趾がある方の親指の付け根は、ストレスがかかり、腫れやタコ、付け根の裏側がむくんでいることがあります。

その症状を取り除いてあげる癖をつけると、外反母趾の親指もすっきりします。

もっと大きかったはずの親指の付け根の骨が小さくなって驚きです

付け根が細くなったら歩くのがラクになりました

足をかばわなくなったので腰がラクになりました

指のつけ根の裏側。
外反母趾をそのまま見てしまうので、そこのむくみには意外と気づきません。

外反母趾の部分の負担を減らすこと。
そのためのメソッドをお伝えしています。

外反母趾を完全に治すことはできませんが、靴がラクに履けるようになるために具体的にできることは、足裏の筋力をつけ親指に負担がかからない歩き方をすること。

靴選びの前に足を整える意味は、そこにあります。

豊後由美公式メールマガジン

Pittarikutuの最新情報やシューズなどの情報をお知らせしています。
また、相談会の開催やコースの募集開始の案内を希望される方は、無料メールマガジンにて先行してお知らせしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。