外反母趾がある84歳のお客様「腰痛が和らぎました」

先日、外反母趾のお母様を心配なさって、母娘で「美を創る足元改善コース」を開始したお客様。

お母さま、84歳とは思えないくらい、しっかりとした足取り!

それもそのはず。

歩くことが大好きで、コロナの前までは月に2~3回はウォーキングの会に参加、8時間くらい歩いていたそうです。

もう少しお若いころは、トレッキングもなさっていたそう。

腰が痛い…その理由

カウンセリングを行う中で、今一番のお困りごとは「腰痛」でした。

外反母趾」の痛みはないそうです。

外反母趾があると、足が内側に傾くため、腰に負担がかかります

歳を重ねていくと、「いつまでも健康に歩きたい」と思う気持ちが強くなります。

その思いのあまり、歩くことに偏りがあると膝や腰の痛みに繋がってしまうことがあります…

履いてないみたいに軽いスニーカーで

今まで履いていらしたスニーカーは、ファスナーで脱ぎ履きが簡単なタイプのもの。

お母さまに試しに履いていただくと……

「キュッとしてて、きつい感じだけど、歩くと軽くてすごくラク!」

姿勢も自然と伸びて、ちょっと背が高くなりました。

素足で立っていらした後ろ姿はこんな感じでした。

お膝も曲がり、かなり右に傾いています

これでは、腰や膝に負担がかかってしまいますね。

お靴のサイズも違っていました

今までは、23cmまたは、23.5cmのお靴を履いていらしたそうです。

履いていただいたスニーカーは、22.5cm

初めてお履きになる、ぴったりフィットするスニーカーは、少しご不安があったようでした。

「こんなにぴったりしてたら痛くなるんじゃないかしら?」

そこで、23cmのスニーカーを履いていただくと

「不思議ね、ぴったりサイズのスニーカーの方が履いていてラク。
それに、歩きやすい」

足指を使った歩き方もお伝えしたら

ぴったりスニーカーを履いていただいた後、からだに負担がかからない歩き方をお伝えしました。

歩き慣れていらっしゃるお母さま。

足指を使った歩き方もとってもお上手です。

お帰りになる時に、

「来る時に痛かった腰の痛みがなくなったわ」

とおっしゃっていました。

少しずつ、からだの使い方を変えて、腰の負担を軽くしていきましょう。

今までの歩き方を変えるには少し時間がかかります。

意識して日々の生活の中で行う事で、「日常の“歩く”が“トレーニング”」になります。

帰宅途中にお店に立ち寄って、早速購入なさったそうです。

新発売のグレージュ ←勝手に名前を付けてます(本当の名前はオイスターグレイ)

このカラー、とってもオシャレで、どんなお色にも合わせやすい万能カラーです。

もちろん私も買いましたよ♪

来月、お会いする時を楽しみにお待ちしております。

豊後由美公式メールマガジン

Pittarikutuの最新情報やシューズなどの情報をお知らせしています。
また、相談会の開催やコースの募集開始の案内を希望される方は、無料メールマガジンにて先行してお知らせしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。