私が考える、健康とパンプス生活

パンプス、特にヒールのある靴は「おしゃれな人・女性的な人」が履くもの。だから、私には関係ない。

本当にそうでしょうか。

ヒールのある靴を履くと、背筋が伸びて胸も開く感じがしませんか?
ちょっとしたことなのに、自信が持てるというか、気持ちまで明るくなるから不思議です。

ハイヒールが好きな方は、好きな理由があります。

それは「前向きになる」感覚があるからなんじゃないかなと私は思っています。

若い時はヒールも難なく履けたし、当たり前のようにヒールのある靴を選んでいた方も多いはずです。

年を重ね、履けないと思っていたヒールが履けた時、
それはお子さんの学校に行く時かもしれないし
お友達とお買い物に行く時かもしれません。
意外と、サクッと近くに行く時に、なんてこともあります。

着物を普段着のように着る方もいらっしゃるように、ヒールのある靴は特別なものではなく、

「スニーカーにしようか?」
「パンプスにしようか?」

と同等に選べるようになったら選択肢が増えるし、シューズクローゼットを開けた時の消去方で決める、妥協するような気持ちにはならないはずです。

私、実は服を選ぶのが苦手です。

何を着ていいかわかりません。
センスないな〜と思うこともあるし、セミナーに行ったことも実はあります(汗)

でも、パンプスが履けるようになって、いつもの服が「いいかも」って思えるようになりました。

アクセサリーと同じように、パンプスにしようか? スニーカーにしようか? ローファーにしようか?
今は、そんな風にとてもテンションが上がります(笑)
同じパターンの服を着ても、自分にガッカリしなくなりました。

これが私が思う健康美です。

だから、ヒールのある靴は決して女性的な部分だけじゃないんです、とお伝えしたい。

姿勢が整う
足トラブルが改善する

靴や足で困っているからパンプスを履く。

パンプスを履く理由は皆さん違いますので、ご興味ある方はご相談だけでもお越しくださいね。

 

豊後由美公式メールマガジン

Pittarikutuの最新情報やシューズなどの情報をお知らせしています。
また、相談会の開催やコースの募集開始の案内を希望される方は、無料メールマガジンにて先行してお知らせしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。